2人娘はアトピっ子。「絶対に治る!」という主治医のコトバを信じ、ステロイドや抗アレルギー剤を使わず、漢方治療をはじめました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.01【4回目】
前回の通院から2ヶ月経ち、状態もかなりよくなったので
おばあちゃんに付いて来てもらって病院へ。

この日もおおかた2時間ぐらい待ったかな。
1時間もなるとじっとしていられず、おばあちゃんに
順番をチェックしてもらいつつ、
松坂屋のおもちゃ売り場へ逃げ込みましたよ。

さて、ちびくまを診せると、
「そろそろさよならしよか~」と言ってもらえました。
ああこんな日がこんなに早く来るなんて!
金銭的なこと含め、一年は覚悟してたのですが。

飲み薬はこれまでと同じようにでたものの
お風呂は4つ。きつくなってきたら入るようにと。

これから寒くなってくるので・・・と言ったら
「乾燥でアトピーが悪くなるのではない。
秋・冬にでてくる花粉や化学物質に体がどう反応するか。
でたときに乾燥の季節だと傷の治りが悪くなるだけや」
ということでした。納得。

それと、やはり完治というのはないようです。

たとえまたでてきたとしても、先生がいるから大丈夫。
あまり悲観せずでいきたいなと思います。
スポンサーサイト
2010.07.21【3回目】
久しぶりの通院。
治療をはじめて約2ヶ月。
見違えるほどキレイになったので、先生に診てもらうことに。
べびくまは一度も診てもらってないので
おばあちゃんにも付いて来てもらった。

前回は怖がって先生に近づくこともできなかったちびくま。
「先生につるつるになったところ、みてもらおうね!」
「先生何にもしないし、やさしいからね」
というと、「うん。がんばる」
と言ってた。

実際今回は全然平気で、自分からみせて
「つるつるになってん」と言ってた。

先生はちびくまを「かわいい、天使みたいな子や」
と何度も言ってくださり、手に2度もチューしていた。
べびくまもおでこにチューされてたよ。

お風呂の頻度が減らないかなって期待してたけど
「金の問題や。毎日入ればその分はよ治る」とのこと。
前のように絶対毎日とは言われなかったけど
せっかくいい方向に向かっているから、まだしばらくは
基本毎日続けようと思う。

今日は比較的すいててよかった。
(といっても1時間は待ちました。
薬局がすいてたからよかったな)

帰りにおばあちゃんに下のミスドでおやつを買ってもらい
松坂屋のレストラン街でお子様ランチをごちそうしてもらい
おまけに自販機のキティちゃんのポップコーンまで
ねだっていたちびくまでした。

前回とは全然違って、たのしいおでかけになった
2度目の通院でした。
2010.06.03【2回目】
今日は写真を持ってわたしひとりで行ってきた。
前回にもまして待ち時間長っ!

1時間半待って、診察5分。
さらに薬局で1時間待って、ヘトヘト。。。

こども連れて来なくてよかった。
薬は電話でもらえるから
通院はときどきでOKだな。
2010.05.26【1回目】
ちびくまを連れ、松本医院へ。
JR高槻駅からすぐでとっても行きやすかった。

漢方薬の独特のにおいただよう病院。
待つこと1時間。
その間、診察室からときどき聞こえる先生と患者さんとのやりとりで
「この先生、大丈夫かも」と思えました。

いざ診察室へ。
ちびくまは怖がり、逃げ回り、とても先生に診てもらうことはできない状態。
でも、「賢い子や、そりゃ病院でいいことされるわけないもんな」
「かわいらしい顔してるなー」
と目を細めていらした先生。

ひっきりなしにかかってくる全国からの患者さんとの電話でのやりとりで
先生の治療の方針を知ることができました。

心に残る言葉はたくさんあったけれど、
これまでに通っていた病院のこともよくご存知で
「かかるべきはステロイドを使わない病院じゃない、治してくれる病院や」
「ぼくが絶対に治したる」
と力強くおっしゃられました。

これまでの治療の話などをしていると、
何度も感極まって泣いてしまいました。
それは「この先生なら信頼してついていける!」という希望から
これまで張り詰めていたものが崩れたという感じの涙だったように思います。

ただ・・・
晴れ晴れした気持ちで、お会計を済ませ薬局に行って
いざお支払い。
保険外の薬もあるので、ある程度覚悟はしていたものの、、、
その4~5倍かかりました。
わずか1週間分で、持ち合わせギリギリ。

帰りの電車で、パパに「すごく信頼できる先生だった。
でも。。。びっくりする治療費だよ」とメール。

とはいえ、これまでがんばってがんばっても
下降の一途をたどり、先生への不信感は募るばかりだったことを思うと
試してみたい!・・・わたしはそんな気持ちになってきました。

病院のホームページを読んだパパも
「すごく信頼できる。がんばってみよう。」と言ってくれました。

日々の家計から捻出できる費用ではないけれど
わたしの退職金をつぎこめばやれる。
そもそも仕事を辞めたのも、こどものアトピーを治すためだし。
さあ、希望を持ってがんばるぞー。
そんな気持ちがむくむくと湧いてきました。
プロフィール

かあさんくま

Author:かあさんくま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。